地域の皆様の健康を支援
地域の皆様の「かかりつけ医」として、信頼される医療を提供することを目標としております。また、最新の技術で疾病の早期発見に努めてまいります。 お気軽にご相談、ご来院ください。
 

 内視鏡検査手順について

【口からの胃カメラ検査】 


  1. 絶食や内服薬の確認をし、血圧を測定します。
  2. 胃の中をきれいにする液体のお薬を飲んでいただきます。
  3. 検査台に寝てゼリー状の麻酔薬を口から入れます(5分程度)。舌がしびれたような感じになります。
  4. 鎮静剤を使用する場合は、腕の静脈に血管確保のための、軟らかい針を入れます。
  5. 喉にスプレーの麻酔を追加します。
  6. 左を下にして横向きになり、マウスピースをかんでいただきます。
  7. 肩に、胃腸の動きを抑える薬を注射します。
  8. 鎮静剤を使用する場合は、静脈から鎮静剤と胃腸の動きを抑える薬を注射します。少しぼんやりした感じになります。
  9. 内視鏡を挿入します。検査は5-10分程度で終了します。
  10. 鎮静剤を使用した場合は、30分~1時間程度リカバリー室で休んでいただきます。
  11. 診察室で検査の写真を見ていただきながら、結果の説明をいたします。
  12. 喉の麻酔の影響がなくなってから、なるべく消化のよい食べ物(うどんやおかゆなど)を食べていただきます。
  13. 組織の検査を行った場合は、検査当日のみアルコールを控えていただきます。
  14. 組織検査の結果説明は、約1週間後になります。(大腸検査を同日に行う場合は、胃の検査に引き続いて大腸検査を行います)


 

 

鼻からの胃カメラ検査

  1. 絶食や内服薬の確認をし、血圧を測定します。
  2. 胃の中をきれいにする液体のお薬を飲んでいただきます。
  3. 検査台に寝て、左右いずれかの鼻からゼリー状の麻酔薬を入れます。(5分程度)。
  4. 喉にスプレーの麻酔を追加します。
  5. 左を下にして横向きになっていただきます。
  6. 肩に、胃腸の動きを抑える薬を注射します。
  7. 直径5mmの細い内視鏡を鼻から挿入します。検査中もお話することができます。
  8. 鼻の内部が狭い場合は、反対側の鼻あるいは口からの挿入に変更します。
  9. 検査は5-10分程度で終了します。
  10. 診察室で検査の写真を見ていただきながら、結果の説明をいたします。
  11. 喉の麻酔の影響がなくなってから、なるべく消化のよい食べ物(うどんやおかゆなど)を食べていただきます。
  12. 組織の検査を行った場合は、検査当日のみアルコールを控えていただきます。
  13. 組織検査の結果説明は、約1週間後になります。



     

大腸カメラの検査

  1. 大腸内に便が残っていない状態にする必要があり、事前に下剤を服用していただきます。
  2. 検査の3日前および2日前の眠前に錠剤の下剤(プルゼニド)2錠を内服していただきます(便秘傾向の方のみ)。
  3. 検査前日の眠前に液体の下剤(ラキソデート)10mlを飲んでいただきます。
  4. 検査当日の下剤はご自宅で服用していただきます。遠方の患者さま、あるいはご希望の場合は、クリニックでの服用が可能です。
  5. 検査開始の4時間前から液体の下剤(マグコロールP)1800ml、あるいは錠剤の下剤(ビジクリア)50錠を、指定の時間をかけて服用していただきます。ただし、事前にある程度排便がない場合は、これらの薬剤を服用すると腸管に穴があく危険があるため、服用せずにクリニックに連絡してください。
  6. 排便状況の確認をし、血圧を測定します。
  7. 検査着と紙パンツを着用していただきます。
  8. 検査台に寝ていただきます。
  9. 腕の静脈に血管確保のための、軟らかい針を入れます。
  10. 左を下にして横向きになります。
  11. 静脈から鎮静剤・鎮痛剤と胃腸の動きを抑える薬を入れます。
  12. 肛門から内視鏡を挿入します。検査は通常15-30分程度で終了します。
  13. 検査終了後、30分~1時間程度リカバリー室で休んでいただきます。
  14. 診察室で検査の写真を見ていただきながら、結果の説明をいたします。
  15. 帰宅後、なるべく消化のよい食べ物(うどんやおかゆなど)を食べていただきます。
  16. ポリープの切除を行った場合は、1週間程度アルコール摂取や激しい運動を控えていただきます。
  17. 出血や腹痛があった場合にはクリニックに連絡をお願いします。
  18. 組織検査の結果説明は、約1週間後になります。